インプラント治療で元の生活を取り戻そう!

インプラント治療の種類

2回法

文字通り外科手術を2回実施する治療法です。まず一回目の手術は、歯肉を切開して顎の骨に穴を開けます。そしてインプラントを顎の骨に埋め込んでインプラントを保護するためのフタをして、歯肉を縫い合わせます。そしてインプラントと骨が結合するまで数ヶ月間安静にします。そして二回目の手術の時に再び歯肉を切開して、インプラントの頭部分を出して「アバットメント」という歯冠部分とインプラント体を連結させる部分を装着して歯冠部分をアバットメントに取り付けます。

1回法

2回法と違い1回の外科手術で完了させるのが1回法です。2回法では1回目にインプラント、2回目にアバットメントと歯冠部分を取り付けますが、1回法ではそれらをまとめて取り付けます。この手術するための条件として、手術する箇所付近の骨がしっかりしていることです。そのため必ずしもこの治療法ができるとは限りませんので、この治療法をすることが可能か医師と相談してください。なお1回の手術で済みますので、身体への負担が少ないのが何よりのメリットでしょう。

治療前にやっておくべきこと

  • 医院の治療ポリシーを理解しておく
  • 生活習慣を改善する

インプラント治療で元の生活を取り戻そう!

歯

インプラント治療の利点

歯を失った際はインプラント治療することをおすすめします。インプラント治療をすることで様々な利点があります。何と言っても最大の利点は噛む力が戻ることでしょう。歯を失ってしまうと食事の時に思うように噛むことができずにイライラしてしまいます。インプラント治療をすることで、歯を失う前と何ら変わりない食事をすることができます。

審美性が改善

前歯を失ってしまうと目立ってしまい、笑うことができなくなり暗い性格になりがちです。インプラント治療をすることで他の歯と見分けがつかないほどキレイに仕上がります。そのためキレイな歯並びになるので、笑顔を作っても違和感がありません。自然と笑うことができるようになり明るい性格になります。

他の治療と比べて歯の負担が軽い

歯を失った場合の治療としてインプラント治療以外にも「ブリッジ」という治療法があります。ブリッジは失った歯と隣り合った歯を削って人工歯を作り失った部分へ装着します。一方でインプラント治療は他の歯を削る必要がありませんので、負担をかけずに治療をすることができるのです。そのため可児市在住で、歯を失ったことで悩んでいる方はインプラント治療を受けることをおすすめします。

広告募集中